Pythonでリスト(配列)の項目数、長さをカウントする方法/len関数の使い方

track-and-field IT

len関数をリストに対して使うと、リスト内の項目数をカウントすることができます。

スポンサーリンク

len関数

python len リスト1
テスト用にリストを作成しました。
#python
リスト = ["a","b","c"]
print(len(リスト))
len関数を噛ませたリストをprint関数で出力してみると、
python len リスト2
リストの長さである「3」が取得されていることが確認できます。

関連記事

Python操作方法、関数・メソッドリファレンス
なかなか落ち着いて勉強する時間がとれずにいますが、自分を追い込む意味もこめてPythonまとめページです。 そのうち多分きっと充実してくることでしょう……。 初期準備、基本概念 ダウンロード、インストール、起動 ShellとEdit...

コメント