Excelエクセルで別のシートの一覧表をプルダウンリストとしてセルに表示する方法/データの入力規則(名前の貼り付け)の使い方

achievement IT

ひとつのシートに予めリストを作っておき、それを使ってプルダウンリストを作る方法のご紹介です。

Advertisements

リストの作成

まずは参照・引用するためのリストを作成します。

pullist1

シートを作成し、参照用のリストを作成します

pullist2

リストを選択したまま挿入タブ→テーブルをクリックします

pullist3

テーブルに変換する範囲が選択された状態でOKをクリックします

pullist4

範囲がテーブル化されたので、テーブル名を付けておきます

リストに名前を付ける

pullist5

ひとつの項目配下の内容を全て選択した状態で、数式タブ→「名前の定義」をクリックします

 

pullist6

=glist[リスト]
glistテーブル「リスト」項目にある内容)が参照範囲になっているので、名前をつけてOKをクリックすることでこの範囲の名前が定義されます

プルダウンリストを作成する

pullist7

プルダウンリストを作成したいシートへ移動します

pullist8

リストを適用したい範囲を選択し、データタブ→データの入力規則をクリックします

pullist9

設定タブで入力値の種類を「リスト」に設定します

pullist10

「元の値」をクリックし、F3をクリック(環境によってはFnF3)をクリックして「名前の貼り付け」画面を表示します

pullist11

先ほど作った定義されたリストの名前を選択し、OKをクリックします

pullist12

もう一度OKをクリックします

pullist13

セルを選択すると、プルダウンを展開するための▼が表示されるようになりました

pullist14

好きな候補をクリックすることで、セルに文字列が入力されます

プルダウンの作り方・解除の仕方

テーブル化しない方法(あるいはテーブル化すべき理由)

わかりやすいのでテーブル化してますが、別にテーブル化しないでも名前の定義は可能です。

pullist15

テーブル化せずに範囲選択→数式タブ→名前の定義→OK

pullist16

データタブ→データの入力規則→リスト→元の値→名前の貼り付け

pullist17

リストが適用されました

pullist18

一応拡張性が少し異なり、リストの途中で追加する場合はどちらも問題ないですが、一番下にリスト項目を追加した場合

pullist19

テーブルは拡張されますが

pullist20

こちらは範囲が自動で延長されません。
ですので拡張する可能性があるのであれば、テーブルのほうがおすすめとはなります

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント