ExcelVBA(マクロ)でステータスバーの表示内容を変更する方法/Application.StatusBarプロパティの使い方

street-sign IT

VBAを使って、ステータスバーの表示内容を変更する方法です。For Nextで待ち時間の長い処理を行っている時などに、進捗状況を表示するなどの使い方をすることもできます。

スポンサーリンク

Application.StatusBarプロパティ

ステータスバーの表示内容を変更する
Application.StatusBar = 表示内容
Falseを指定で通常表示に戻せる
statusbar1
Excel下部の部分をステータスバーといいます。ステータスバー左端のここにはモードの表示など、通常Excelの状態が表示されますが、
statusbar2
Application.StatusBarプロパティを変更することで、任意に表示内容を変更することができます。
Application.StatusBar = “ステータスバーテスト中”と実行してみると、
statusbar3
こんな感じになります。
statusbar4
元の表示に戻すには、StatusBarプロパティにFalseを指定します。
statusbar5
実行結果です。
statusbar6
Falseの場合は文字を表示、文字が入ってる場合はFalseにする、といった分岐をすることも可能です。
' vba
' 通常表示の場合は文字を表示
If Application.StatusBar = False Then
Application.StatusBar = "ステータスバーテスト中"
' 文字を表示してる場合は通常表示に戻す
Else
Application.StatusBar = False
End If
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント