Excel(エクセル)でVBAエディタを起動・終了するショートカット/Ctrl+F11、Ctrl+F8の使い方

IT

「開発」タブを経由せず、VBAエディタを直接立ち上げるショートカットのご紹介です。

Advertisements

Ctrl+F11の使い方

マクロ一覧を表示
Ctrl+F8

VBAエディタを起動/終了
Ctrl+F11

altf11_1
通常VBAエディタを起動する場合、まず「開発」タブへ遷移し……。
altf11_2
次に「マクロ」をクリックしてマクロ一覧を表示。
altf11_3
マクロ名を選択して「編集」をクリックします。表示タブから遷移するやりかたもあります。
altf11_6
もし登録していれば、ツールバーからもマクロ一覧を起動できます。
altf11_7
このマクロ一覧は、Ctrl+F8を押すことでも起動が可能です。

Ctrl+F11の使い方

altf11_4
Ctrl+F11を押すことで、マクロ一覧を経由せず一発でエディタを開くことが可能です。
altf11_5
VBAエディタが開いた状態でCtrl+F11を押すと、エディタを閉じることができます。

VBAエディタを起動・終了するショートカットについては以上です。

Excel(エクセル)で使える時短ショートカット集
Excelでよく使う(あるいは人によっては役にたつ)ショートカットを集めてみました。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント