Excel(エクセル)でテーブルの行全体・列全体を選択する方法

elephants IT

テーブル内の行全体・列全体を選択するには、境界線をクリックするか、ショートカットを使用します。

スポンサーリンク

行全体・列全体を選択する方法

①端をクリック

テーブル 列全体 行全体1
列全体・行全体を選択するなら、テーブルの外側と内側の境目(上か左)をクリックします。
たとえばB列全体を選択するのであれば、図の赤線の位置となります。上に他のセルがないので、列番号との境目をクリックします。
テーブル 列全体選択
カーソルを合わせると矢印アイコンに変わり、クリックするとテーブル内の指定列が全て選択されます。
テーブル 列全体 行全体2
行をクリックするなら左側で、同様に左に他のセルがないので、行番号との境目をクリックします。
テーブル 行全体選択
実行すると行全体が選択されます。
テーブル 行列全体選択
セルと接している場合も操作は同じです。

②Ctrl+Space

テーブル 列全体 行全体3
任意のセルを選択した状態から、
テーブル 列全体 行全体4
Ctrl+Space一度押すと見出しを含まない列全体が選択され、
テーブル 列全体 行全体5
もう一度Ctrl+Spaceを押すと、見出しを含む列全体が選択されます。

③Shift+Space

テーブル 列全体 行全体10
テーブル内のセルを選択→Shift+Spaceで、行全体選択となります。

④Ctrl+Shift+矢印キー

テーブル 列全体 行全体6
どこかテーブル端っこのセルを選択しておきます。たとえば右下からであれば、
テーブル 列全体 行全体7
Ctrl+Shift+で行全体、
テーブル 列全体 行全体8
Ctrl+Shift+で列全体を選択できます。

テーブル全体を選択

テーブル 列全体 行全体9
Ctrl+Shift+方向キーで列全体→行全体(または行→列)選択をするか、Ctrl+Aを押します。
Excel(エクセル):行、列
Excelの行、列関係操作、関数、VBAです。他のまとめとかぶる部分が多い場合はリンク貼ります。 行・列の選択 行・列の一括選択方法です。 テーブル内の行・列一括選択方法です。 VBA(マクロ)で...
Excel(エクセル)で使える時短ショートカット集
Excelでよく使う(あるいは人によっては役にたつ)ショートカットを集めてみました。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント