Excel(エクセル)でデータの個数・数字の数を数える方法/Count・CountA関数の使い方

sheep IT

何かと言うと役にたつ、「データの個数をカウントする」関数のご紹介です。

Advertisements

Count関数の使い方

範囲内の数字の個数を数える
=Count(範囲)
count1
Count関数は、範囲内の数字の個数を数えます。
表は上から半角数字、漢数字、全角数字(書式文字列)となっています。
count2
=Count(A1:A9)と入力し、Enterを押してA1~A9セルの数字の数を計算してみます。
count3
半角数字の数だけが返され、結果が3となりました。全角・漢数字はカウントされません。
count4
仮に半角数字を使っていても、「1個」のように入力している場合、これもカウントされません。
もし~個と表記したものをカウントしたい場合は、B列に「個」だけを別に書くか、書式設定で数字の後に「個」がつく(データ上は数字のみになる)ようにします。

CountA関数の使い方

範囲内のデータの個数を数える
=CountA(範囲)
count4
さきほどのCount関数に「A」をつけ、=CountA(A1:A9)として再度Enterを押します。
count5
CountA関数では、データが入力されたセルの数を数えます。何も入力されてないセルは数えませんが、半角・全角スペースが入っている場合はカウントされます。

Count・CountA関数の使い方については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント