Excelで文字列の長さを取得する方法/Len・Lenb関数の使い方

sewing IT

Excel上の文字の長さを取得するLen関数とLenb関数の使い方です。
LenbのbはバイトのBで、文字数を数えるLenに対してLenbはバイト数を数えます。

Advertisements

Len・Lenb関数の使い方

使い方はどちらも同じ。

文字数を数える
=Len(範囲)(文字数)
=Lenb(範囲)(バイト数)
len1

=Len(A1)A1文字数を取得)と
=Lenb(A1)A1バイト数を取得
を比較してみます

len2

半角文字を入力した場合、LenとLenbの数値は一致します

len3

全角は2バイトとなりますので、全角文字1つにつきLenbは数字が2増えます

len4

アルファベットや数字も全角・半角でバイト数が変化します

半角カタカナで濁点・半濁点がある場合

len5

注意点として、カタカナに濁点や半濁点がついても、全角の時は他の全角文字と同様です

len6

しかし半角の場合濁点・半濁点も1文字として数えられるので、Lenでもガ=2文字扱いとなります

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント