仮想通貨用語:エアドロップとは

cargo-jet IT

エアドロップ(Airdrop)は直訳すると「空中投下」。FPSや戦争映画で、空中から食料や武器を投下するあのイメージです。
iPhoneやiPadではデータを共有する同名の機能がありますが、それとはベツモノです。

スポンサーリンク

エアドロップとは

仮想通貨業界におけるエアドロップとは、仮想通貨やNFTが無料でもらえることです。
たとえば、特定の通貨をある程度保有しておくと、新しいトークンがもらえる(資金調達を目的としたエアドロップ)。
あるいはサービスの知名度向上のため、ハードフォークして元の通貨の保有者に新しい通貨を与える場合にもエアドロップが行われます。ユーザにとっては無料で値上がりする(かもしれない)通貨やNFTを入手するチャンスでありますが、詐欺の温床でもあります。

エアドロップに応募するには

たとえばTwitterでBCGやNFTクリエイターをフォローしていると、特定条件を達成した人の中から抽選でエアドロップ! といった投稿がよく見られます。
条件はフォロー、リツイート、いいねを押すといったものから、フレンドにタグ付け、ディスコードに参加、通貨のステーキングなど様々です。
仮想通貨取引所でも、通貨をステーキングや特定量の取引などでエアドロップが行われることがありますし、イベント参加者に配布されることもあります。繰り返しになりますが、エアドロップ関連では詐欺も多い(シードフレーズを聞きだされた、ウォレットを接続したら資産を抜かれた等)ので、慎重にご判断ください。

仮想通貨・クリプト・Defi・Dex・投資等関連記事一覧
クリプト・投資・経済関連用語 2FA AMA ATH CPI Degen FOMC FOMO FR FUD Gwei IDO IEO LFG WAGMI(WGMI) wei WP アルトコイン エアドロッ...

コメント