投資用語:金融緩和とは

banknote 投資

金融緩和(Monetary Easing)とは不況時に各国の中央銀行が行う、お金の流れの締め付けを緩め(緩和)て市場に出回るお金の量を増やし、消費や投資を刺激する伝統的金融政策のことを言います。

スポンサーリンク

金融緩和とは

経済の活性化を目的として、政策金利の引き下げが行われます。景気が過熱している時は、逆に金融引き締めが行われます。

政策金利の引き下げ

景気が悪化すると企業や個人は消費を控え、ものは売れず給料は下がり、投資は冷え込み、リスク資産は処分され、株価は低迷し、さらに消費が抑制されます。
中央銀行が政策金利を引き下げると、各銀行は資金を個人や企業に低金利で貸し出すことができるため、企業は設備投資や人員調達にお金を使いやすくなります。雇用が促進され、仕事を得た人が消費活動を行い、人によっては低金利で住宅ローンを組むかもしれません。お金が流れやすくなり、経済の活発化が期待できます。
ただし、政策金利を引き下げれば必ずしも金融緩和が達成されるというわけではなく、効果が認められない場合、非伝統的な金融政策(量的緩和、信用緩和)が導入されることもあります。

仮想通貨・クリプト・Defi・Dex・投資等関連記事一覧
クリプト・投資・経済関連用語 2FA AMA ATH CPI Degen FOMC FOMO FR FUD Gwei IDO IEO LFG WAGMI(WGMI) wei WP アルトコイン エアドロッ...

コメント