Pythonでプログラム内でユーザーが入力し、結果を変数として保存する方法/input関数の使い方

IT

input関数を使うと、ユーザが入力した内容を変数としてプログラム内で再利用することができます。
入力内容は文字列(str)として取得されます。

スポンサーリンク

input関数

#python
変数 = input("select number(1~3):")
input関数の使い方としては、関数の引数の中で質問事項を入力すれば、
python input1
こんな感じで表示されます。
python input2
この状態では答えても何も起きません。
#python
変数 = input("select number(1~3):")
if 変数 == "1":
    print("good")
elif 変数 == "2":
    print("soso")
else:
    print("bad")
回答結果を元に、if文を使って処理を振り分けてみます。
input関数の戻り値は文字列なので、1や2にも”を付けて閉じています。
python input4
実行結果です。回答内容によって、その後の処理が分岐します。
python input3
ちなみに変数をint型に変換することで、”を付けずに条件処理に使うことも可能です。
Python操作方法、関数・メソッドリファレンス
なかなか落ち着いて勉強する時間がとれずにいますが、自分を追い込む意味もこめてPythonまとめページです。 そのうち多分きっと充実してくることでしょう……。 初期準備、基本概念 ダウンロード、インストール、起動 ShellとEdit...

コメント