Unityのプレハブ(Prefab)の作り方

prefab IT

プレハブを作ることで、「同じ特性を持つオブジェクト」をいくらでも量産することが可能となります。ほかの言語で言うインスタンスの作成に近いです。

スポンサーリンク

プレハブの作成

prefab1
ヒエラルキーにあるゲームオブジェクトをアセットにドラッグすると、
prefab2
アセットに今持ってきたオブジェクトが登録されます。Unityではこれをプレハブ化と呼びます。
prefab3
プレハブをシーンビューにドラッグすることで、
prefab4
プレハブ化したオブジェクトと同じコンポーネントを持つゲームオブジェクトを、簡単にいくつでも複製することができます。

プレハブの編集

prefab5
作成したアセット内のプレハブに対して、マテリアルをドラッグしてみます。
prefab6
するとこのように、シーンビューのプレハブを元としたすべてのキューブに自動的に変更が適用されます。
やりたいことから逆引きするUNITYの使い方まとめ
Unityをやりたいことから学習していけるよう、機能・用途別にまとめたページです。C#の命令別の逆引きは現時点で作っていません。2019の時期に書き始めているので、それより前のバージョンについては言及しません。

コメント