ExcelVBA(マクロ):ブラウザを閉じる・終了する方法/Quitメソッドの使い方

abandoned IT

VBAを使ってページを開いた後、そのページを閉じるにはQuitメソッドを用います。

Advertisements

Quitメソッドの使い方

ページを閉じる
IEオブジェクト.Quit

まずはIEを起動してページへ遷移し、ページの読み込み完了を待って、それからページを閉じてみたいと思います。
Subプロシージャが完了すると変数に代入していたIEオブジェクトは自動で破棄されるそうですが、慣習的にNothingをSetして手動で破棄します。

オブジェクトの破棄
Set オブジェクト = Nothing

quit

処理を実行すると、ブラウザが起動して読み込みが始まり……



quit2

読み込みが終わると、ブラウザが閉じました


今回使用した式は下記のようになりました。

' vba
Option Explicit
Dim objIE As InternetExplorer

Sub test()
Set obj = New InternetExplorer
' IEを起動
objIE.visible = True
' ページを遷移
objIE.Navigate("https://sunagitsune.com")

' 読み込み完了まで待機
Do while IEオブジェクト.readyState <> 4 or IEオブジェクト.busy = true
DoEvents
Loop

' IEを閉じる
objIE.Quit
' オブジェクト変数を破棄
set objIE = Nothing
End Sub
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント