ExcelVBA(マクロ)で改行時のコンパイルエラーを出なくする方法/自動構文チェックの使い方

IT

VBEでコードを編集中に、ちょいちょいコンパイルエラーが出るのを非表示にする方法です。

スポンサーリンク

成果物

at
自動構文チェックをオフにします。

コンパイルエラーを出なくする方法

check1
本来上のように記述に誤りのある状態でEnterを押すと、VBEは「どこか間違っている箇所がある」とコンパイルエラーを表示します。この機能を自動構文チェックと呼びます。
check2
書いてる途中でうっかり改行した場合なども確実に出ます。
check3
慣れないうちはONのほうがいいと思いますが、鬱陶しければオフにしてしまうことができます。
VBEのツールオプションに入り、
check4
自動構文チェックのチェックを外してOKを押します。
check5
この状態だと間違った構文は赤く表示されますが、改行した時のコンパイルエラーは表示されなくなります。
check6
自動構文チェックをオフにしていても、内容にエラーがある場合実行時エラーは普通に出ます。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント