投資用語:ガチホ、ストロングホールドとは

guy 投資

ガチホとはガチでホールドの略、銘柄や通貨を売らずに長期で保持し続けることを言います。
ストロングホールドといった場合も同じ意味になります。

スポンサーリンク

ガチホとは

ガチは本気なこと。holdは所有することです。
要するに長期保有のことですが、通貨を買うと値段が二倍になったり急落したり、色々と売りたくなるタイミングが訪れますが、値動きに関わらず持ち続けるという意思表明のようなニュアンスが「ガチホ」という言葉には含まれています。

ガチホのメリット

まず時間がかかりません。値段の日々の動きを気にする必要がないので、時々確認するだけでいいためほとんど投資のための時間を用意する必要がないという大きなメリットがあります。また(生活資金をつぎこんだり、変に大きなレバレッジをかけてなければ)精神的にも楽です。
時間はかかりますがその分値段の動きも大きくなるので、小額から利回りを狙うことができ、初心者にも行いやすい投資戦略でもあります。売買の回数も減るので、管理も楽です。

ガチホのデメリット

時間がかかります。また、高値で掴んだものが延々と値下がりした場合、大きな含み損を抱える可能性があります。inするタイミングは慎重に見計らい、撤退基準も必要に応じて定めておくのが望ましいです。
また、資産を預けているCEXなどの倒産・ハッキングリスクに常にさらされ続けることになります。資産を預け続けるということは、他に有望な銘柄が見付かってもその分の資産がなく、機会損失の可能性もあります。

ガチホを行う時は、予めルールを定めておき、目移り・狼狽しないで放置できる体制を整えておくと良いかもしれません。
と同時に、どれだけ有望な投資対象であっても妄信せず、状況に応じて投資戦略を変えられる柔軟さもあるとベストです。

仮想通貨・クリプト・Defi・Dex・投資等関連記事一覧
クリプト・投資・経済関連用語 2FA AMA ATH CPI Degen FOMC FOMO FR FUD Gwei IDO IEO LFG WAGMI(WGMI) wei WP アルトコイン エアドロッ...

コメント