Excel(エクセル)で√(ルート)記号、二乗や累乗を打つ、書く方法/数式の挿入などの使い方

entrepreneur IT

Excelで累乗や平方根の計算を行うことは可能ですが、セル上の表記としては√や指数で表現されません。ここでは資料やテストを作るために、√や指数などを文字や図形として入力する方法を紹介しています。

スポンサーリンク

ルート記号(√)

ルート記号(√)、指数の入力方法

記号として入力

rt1
ルート記号を挿入したいセルを選択した状態で、挿入タブ→記号と特殊文字をクリックします。
rt2
種類で数学記号を選び、√を選択して挿入をクリックします。
rt3
√が入力されますので、その後に任意の数字などを入力します。
rt4
または直接「るーと」と入力して変換しても、√の入力が可能です。

上付き文字として入力

sisu1
指数を表現したい場合は、
sisu2
指数にしたい文字だけを選択してホームタブフォント右下フォントの設定をクリック、
sisu3
セルの書式設定が開くので上付きにチェックを付けてOK
sisu4
というやりかたで一部の数字だけを指数っぽくすることが可能です。

図形として入力(数式の挿入)

Excelのバージョンが2016以降であれば、数式の挿入が利用可能です。

ink1
挿入タブをクリック→
ink2
右端の記号と特殊文字にある数式をクリックします。
ink4
するとこんな感じの文字列がセルをまたいで現れ、
ink3
数式ツールのデザインタブが選択された状態になるので、べき乗根をクリックし、
ink5
任意の形式を選びます。今回は平方根を選びます。
ink6
ひな形の図形が作成されます。初期値は何も入力されていないので、
ink7
値を入力します。ハンドルまたは周囲の枠線の〇がない部分をドラッグすれば移動でき、図形なので回転も可能です。
ink8
文字のサイズ変更などはホームタブから行います。
ink9
図形の外をクリックすると変更が確定され、再度クリックすれば再編集が可能です。
ink10
次数付きの場合も要領は同じです。
ink17
指数の場合は上付き/下付き文字を使用します。
ink18
かなり文字が小さいので、倍率を大きくしてから操作を始めたほうがいいかもしれません。
ink19
完成するとこんな感じになります。

インク数式

ink11
さらに簡単な方法として、数式ツールのデザインタブ左端にあるインク数式をクリックするか、
ink12
または挿入タブ数式下の▼→インク数式をクリックして、
ink13
手書きで入力するという方法もあります。
ink14
たとえば指数を指定したり、
ink15
それを√で囲ったり、といった処理が楽に行えます。
ink16
挿入をクリックすれば、作った図形がシートに作成されます。

数式(図形)の削除

ink21
図形の枠線(〇がないところ)をクリックしてからDeleteを押せば、作った図形を削除できます。
Excel(エクセル):二乗、べき乗、累乗、平方根
Excelの計算の中でも、二乗、べき乗、累乗や平方根、√など指数がらみの計算方法、処理まとめです。 計算 二乗、累乗、べき乗を求めるにはべき乗記号(^)またはPower関数を使います。 平方根を求めるにはSqr...
Excel(エクセル):図形
Excelでは、図形という機能を使うことで四角形や丸、矢印などのオブジェクトをシート状に配置することができます。セルの形状を無視して配置できるので、フローチャートや装飾、注釈などアイデア次第でさまざまな用途に利用できます。 図形作成の基礎...

コメント