Excel(エクセル)で十進数を二進数(またはその逆)に変換する方法/Dec2Bin関数、Bin2Dec関数の使い方

IT

Excelでは関数を噛ませることで、十進数を二進数や十六進数に変換、あるいは逆に二進数などを十進数に変換することが可能です。
ここでは二進数絡みの関数を紹介します。

Advertisements

二進数とは何か

値を「1」と「0」で表現する数の数え方のことです。
たとえば10進数では数字を1、2、3……と数え、一番大きな位が10までくると桁がひとつ増えますが、二進数では一番大きな位が二までくると桁がひとつ増え、数字を1、10、11、100のように数えます。
10進数の1,2,4,8,16,21,64,128が、二進数でいう1,10,100,1000,10000,100000,1000000,10000000にあたります。

十進数→二進数(Dec2Bin関数)

十進数の値を二進数に変換
Dec2Bin(値,桁数)
※桁数は省略可能
dec21
適当に表を作っておきます。
dec22
Dec2Bin関数を使うと、対象の十進数の値を二進数に変換することが可能です。
dec23
桁数は一回省略して、=Dec2Bin(A1)とします。
dec24
下まで伸ばすとこうなります。十進数だった値がB列では二進数に直されています。
値が1000の時にエラーが出ていますが、
dec25
Dec2Bin関数で変換できる十進数は、上は511まで、下は-512までだからです。引数がその範囲から出た値はエラーとなります。文字の場合もエラーになります。
dec32
ちなみに、少数にも使えますが、値は切り捨てた整数扱いになります。負の数は2の補数で表記されます。

桁数について

dec28
桁数はもう、見てもらえば一目瞭然だと思います。=Dec2Bin(A1,8)のようにして、
dec29
下まで伸ばすとこうなります。表示する値の桁数より指定した桁数が小さい場合はエラーになります。

二進数→十進数(Bin2Dec関数)

二進数の値を十進数に変換
Bin2Dec(値)
dec30
Bin2Dec関数は、逆に二進数を十進数に変換する関数です。
シンプルに引数に値を指定します。桁数はありません。
二進数以外に対して実行するとエラーになります。変換できる二進数は111111111(10進数では511)から1000000000(-512)まで。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント