ExcelVBA(マクロ)で警告メッセージを非表示にする方法/DisplayAlertsプロパティの使い方

shallow-focus IT

マクロを運用する上で、通常操作であれば必須操作となる警告ダイアログが邪魔になる場合もあります。そうした場合、メッセージを非表示にする方法を知っておくことで自動化が達成できます。

Advertisements

DisplayAlertsプロパティの使い方

displayalerts1
deleteメソッドを使って、特定のシートを削除してみます。
' vba シートの削除
Sub Macro1()
Sheets("sheet21").Delete
End Sub
displayalerts2
マクロを実行すると……。
displayalerts3
警告メッセージが表示され、結局手動操作が要求されます。
displayalerts4
これを避けるために、一度警告メッセージの表示をオフにし、シートを削除した後でもう一度オンにします。application.displayalerts = Falseでオフ、~ = Trueでオンです。
Applicationは概ね「Excel」の意味で、システムに対して干渉する時に指定するオブジェクトです。
警告メッセージの表示/非表示
Application.DisplayAlerts = 値
※値はTrue/Falseのみ
displayalerts5
上記マクロを実行することで、メッセージを表示することなくシートを削除することができました。

VBAで警告メッセージを非表示にする方法については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント