仮想通貨用語:IDOとは

souk IT

IDOInitial DEX Offeringの略で、訳するとInitialが「最初の」でOfferは「売り出し」、つまりDexで行われる初セール、通貨販売による資金調達のことです。

スポンサーリンク

IDOとは

従来の企業などによる(集権的な)仮想通貨取引所の初セールはIEOと呼ばれます。
これに対し、仮想通貨の分散型取引所(Dex)はスマートコントラクトによって動作する=管理者のいない取引所であるため、審査なしに独自の仮想通貨を発行することが可能です。
取引所の審査がない分、怪しい銘柄も多くなります。IEOに比べてIDOはハイリスクですが、同時にブルーオーシャンであるとも言えます。

IDOのメリット

公開する側からすると手数料は薄く配当も発生せず、資格、仲介などを要せずにトークンを発行できるため、時間的にも資金的にもローコストです。うまく投資家にアピールすることができれば、実績のない段階から大きく資金調達を行えます。
投資する側からすると安価で通貨を手に入れるチャンスであり、大きな収益を期待することができます。

IDOのデメリット

先述の通り企業が運営しないDexでの発行なので、審査する人がいません。よって詐欺も頻繁に発生します。つまりハイリスクです。
投資家は発行母体の企業によるホワイトリストなどを熟読し、信頼できる投資対象かどうかを各自で判断する必要があります。

仮想通貨・クリプト・Defi・Dex・投資等関連記事一覧
クリプト・投資・経済関連用語 AMA ATH FOMC FOMO FR FUD IDO WP カウンターパーティーリスク クリプト コラテラル 資金調達率 ステーブルコイン スマートコントラクト セリクラ ピ...

コメント