ExcelVBA(マクロ)で文字の左詰め・右詰め・中央配置など文字位置を設定する方法/HorizontalAlignmentプロパティの使い方

arranged IT

マクロを使用して、表の文字配置を変更することができるHorizontalAlignmentプロパティの使い方です。Horizontal=水平の、Alignment=調節、配列。

Advertisements

HorizontalAlignmentプロパティの使い方

Rangeオブジェクトに対し、決められた値を入力します。

文字の配置調節
Rangeオブジェクト.HorizontalAlignment = 値

基本形

horizontal1

標準・左・中央・右詰め


まず一般的な文字配列ですが、定数に以下のように入力することで配列を変更することが可能です。

Range("A1").HorizontalAlignment = xlGeneral ' 標準
Range("A2").HorizontalAlignment = xlLeft ' 左詰め
Range("A3").HorizontalAlignment = xlRight ' 右詰め
Range("A4").HorizontalAlignment = xlCenter ' 中央揃え

選択範囲内で中央

horizontal2

選択範囲中央


複数範囲の中央位置に揃える「選択範囲内で中央」の場合は、次のようにします。

Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlCenterAcrossSelection ' 選択範囲内で中央
horizontal3

範囲両方に要素がある場合は、通常の中央揃えと同じ状態になる

均等割り付け

horizontal4

半角は中央揃えになるがスペースで区切ると分割される。全角は分割される


日本語などの全角文字であればセル内に均等に割り振られ、英数字は単語(スペースで区切る)ごとに分配されます。

Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlDistributed ' 均等割り付け

両端揃え

文字右側の空白が均等に統一されます。
horizontal5b


horizontal5

改行する場合の文字の配置バランスが調整される

Range("A1").HorizontalAlignment = xlJustify ' 両端揃え

繰り返し

horizontal6

可能なだけ内容がリピートされてセルを埋める

Range("A1").HorizontalAlignment = xlFill ' 繰り返し

まとめ

図にすると次のようになります。

定数名 内容
xlGeneral 標準
xlLeft 左詰め
xlCenter 中央揃え
xlRight 右詰め
xlFill 繰り返し
xlJustify 両端揃え
xlCenterAcrossSelection 選択範囲中央
xlDistributed 均等割り付け

これらの内容は、通常操作ではExcelのセルの書式設定→配置タブ→文字の配置から変更することが可能です。
horizontal

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント