Advertisements
IT

Excel(エクセル)で数値を指数で表示する方法/セルの書式設定(指数)の使い方、指数とは

Excelでいう指数とは、数値を「E+n」(Eの値×10のn乗)という形式で表示する書式のことをいいます。 ちなみに、数値でも値が大きすぎると勝手に指数表示されます。 数値を指数で表示する方法 指数に変換するための値を用意しま...
IT

ExcelVBA(マクロ)で特定のオブジェクトをアクティブにする方法/Activateメソッドの使い方

Activateメソッドは、アクティブにする単一の対象を選ぶメソッドで、Selectメソッドとは似て非なるものです。 単一のセルに対して行う場合、Selectされたセルは自動的にActivateされます。 Activateメソッドの使い...
IT

ExcelVBA(マクロ)で今いるワークシートを対象にする方法/ActiveSheetプロパティの使い方

ActiveSheetプロパティを指定すると、現在作業中のシート(アクティブシート)を取得することができます。 プロパティなので本来Application、Window、Workbookいずれかのオブジェクトを頭に付ける必要があるんですが...
IT

Excel(エクセル)で値が0のセルは何も表示しないようにする方法/Excelのオプション(詳細設定)の使い方

Excelでは値が0の場合も通常「0」と表示しますが、フォーマットによってはこれが邪魔になることもあります。 詳細設定で設定することにより、ワークシート単位で値が0のセルに何も表示しないようにすることが可能です。 Excelのオプション...
IT

Excel(エクセル):データの入力規則

Excelの「データの入力規則」機能関連まとめです。 データの入力規則 データの入力規則はデータタブの中央付近にあります。 セルに特定の値しか入れられないようにしたり、プルダウン作ったり、変な値入れたらエラー出したり、そういう...
IT

Excel(エクセル)で方向キーを押すと選択範囲が広がる場合の対処/「選択範囲の拡張」の解除方法

F8押せば解除できます。以下、拡張選択モードについても少し解説します。 拡張選択モードとは 通常方向キーではこのように、キーを押すとその方向に移動しますが、 拡張選択モードではこのように、キーを押すと選択範囲が拡大/縮...
IT

Excel(エクセル)で対象が文字列かどうか判別する方法/IsText、IsNonText関数の使い方

IsText、IsNonText関数の引数に対象(セルなど)を指定することで、それが文字列かどうかを判別することができます。 IsText関数の使い方 対象が文字列ならTrue,そうでないならFalseを返す IsText(対象) ...
IT

ExcelVBA(マクロ)で何回も同じオブジェクト名を書くのを避ける方法/Withステートメントの使い方

重複するオブジェクト名・プロパティ名などを省略できるWithステートメントの使い方です。 Withステートメントの使い方 アクティブセルの値を、ひとつ右のセルにコピーするというプログラムで考えてみます。 コピー方法...
IT

Excel(エクセル)で特定期間内の日付のセルに書式を設定する方法/条件付き書式(セルの強調表示ルール)の使い方

条件付き書式のセルの強調表示ルールを使うことで、今日とか昨日とか来週とか、特定の日付だけに指定した書式を適用して強調することが可能です。 条件付き書式(セルの強調表示ルール)の使い方 ざっとひと月分の日付を用意しました。 ...
IT

Excel(エクセル)でテキストボックスを作る・編集する・削除する方法

テキストボックスとは、図形と同じようにセルを無視した好きなサイズで作れる文字を入力するためのオブジェクトのことです。横書き・縦書きどちらにも対応しています。 テキストボックスの作成 テキストボックスを作るには、挿入タブから、 ...