Advertisements
IT

ExcelVBA(マクロ)でランダムな数(乱数)を作る方法/Rnd関数の使い方

Rnd関数を使うことで、VBA内で乱数を発生させることができます。
IT

ExcelVBA(マクロ)で年、月、日を数値で指定して日付を作成する方法/DateSerial関数の使い方

年、月、日をそれぞれ数値で指定して日付を作ることができるVBA関数、DateSerialのご紹介です。 Excel関数でいうDate関数に該当します。
IT

ExcelVBA(マクロ)で現在の日付、時間を求める方法/Date、Time、Now関数他の使い方、Excel関数とのちがい

VBA関数にもDate関数がありますが、これはExcelのDate関数とは別物です。 今日の日付を求めることができます。
IT

ExcelVBA(マクロ)でワークシートの目次を作る方法/HyperLinks.addメソッドの使い方

シートを増やして色々な情報を作っていく場合、これを自由に移動できる目次があると便利かなと思い作ってみました。アレなら最後のコードコピペしても動きます。 ハイパーリンクを作成するHyperLinks.addメソッドを使用します。
IT

ExcelVBA(マクロ)で配列変数を作る方法/ReDim、Preserve、Option Baseステートメント、Array、UBound、LBound関数の使い方

他のプログラミング言語同様、VBAにも配列を作る機能が用意されています。ここでは配列作成の基本および補足機能について解説しています。
IT

ExcelVBA(マクロ)でExcelの関数(ワークシート関数)を使う方法/WorksheetFunction、Evaluate、[]の使い方

VBAにはExcelで通常使う関数(ワークシート関数)とは別にVBA関数が用意されていますが、ワークシート関数を使いたい場面もままあります。一番簡単なのはExcel上で普通に関数を使ってそれを参照する方法なんですが、そういう作業セルを用意せ...
IT

ExcelVBA(マクロ)でユーザー定義型の定数を宣言する方法/Constステートメントの使い方

「定数」とは変更できない数、値を代入した入れ物で、中身を変更できるものは変数と呼ばれます。たとえば極端に大きくてかつ固定の数字、あとでまとめて変更するかもしれないけど基本固定したい数値(消費税率)などに使用します。 ユーザーが定義できる定...
IT

ExcelVBA(マクロ)のデータ型まとめ/オブジェクト型変数に対するSetメソッドの使い方

VBAで変数に対して使用できるデータ型の種類、使い方、注意点のまとめです。
IT

ExcelVBA(マクロ)で条件をつけて同じ処理を繰り返す方法/Do Loopステートメントの使い方

Excelで繰り返し処理を行う場合、For Nextステートメントで回数を指定して行う方法と、Do Loopステートメントで条件をつけて行う方法があります。。
IT

Excel(エクセル)におけるデータベース関数まとめ・使い方

データベース関数には、「データベース」「フィールド」「条件」を引数として指定するという共通項があり、ひとつ覚えれば容易に応用が効きます。データの中から条件に従ってなんらかの結果を抽出したい時に使われます。