ExcelVBA(マクロ)で列幅を自動調整する方法/Autofitメソッドの使い方

wristwatch IT

マクロで列幅を自動的に文字数に合わせて調整する方法のご紹介です。
マクロを使わない場合は、列と列の間をダブルクリックするなどの方法で列幅を自動調整できます。

Advertisements

Autofitメソッドの使い方

列の幅を合わせる
対象.columns.autofit
(列全体はcolumns(列).autofit
autofit1
ちょっと文字数にセルの長さが合っていないので、整形したいと思います。
autofit2
ふつーにRangeで指定してもいけそうなものですが……。
autofit3
これはエラーになります。列と行のどっち? みたいなエラーです。
autofit4
なので列を意味するColumnsを付け、Range(“A1:D3).columns.autofitとしてやると……、
autofit5
ちゃんと範囲の列幅が文字数に合わせて調整されます。
autofit6
列全体を指定したい場合は、columns(“A:D”).autofitのように記述します。これでA~D列全て整形されます。
単行ならcolumns(“A”)のようになります。columnsと複数形ですが問題ありません。
autofit7
なお、columns(“A1:D3”)とか書くとこれもエラーになります。融通がきかない。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント