excelで条件(If)をふたつ設定し、どちらかを満たした場合にTRUEを返す方法/If(or)文の使い方

IT

通常のIf文は特定の条件を満たした場合にTrue(真)、そうでなければFalse(偽)を返しますが、この特定の条件を「AとBのどちらかを満たすこと」に設定する方法です。

Advertisements

普通のIf文

おさらいというのでもないですが、一般的なif文がこちら。

条件により表示結果を変える
=if(条件,true,false)

例えば下の式のように、=if(A2=1,”ON”,”OFF”)と記述すれば、A2に1が書かれている場合のみOnを返す、それ以外はOffを返すという意味になります。
このOnを返す場合を「True(真)」、Offを返す場合を「False(偽)」とも呼びます。真実か偽りかです。

ifor1

A2が1ならA1がOnになり、そうでなければOffになります

If分をふたつ組み合わせても、最初の条件を満たし、かつ次の条件も満たす場合となり、ふたつの条件のどちらかを満たすという期待値には沿いません。

ifor2

A2とB2がどちらも1ならA1がOnになる

ifor3

どちらかが欠けてると

ifor4

Trueになりません

If(or)文

「条件をどちらかだけ達成していれば良い」という場合には、If(or)文というものを使います。

複数の条件のいずれかを満たすか満たさないかで表示結果を変える
=if(or(条件1,条件2)true,false)

上の条件1または2を満たすとTrueが返されます。

ifor5

=if(or(A2=1,B2=1),”ON”,”OFF”)
A2=1またはB2=1であればONを返し、どちらも満たさなければOFFを返す)と記入します。
B2は0ですがA2は1なので条件を満たし、ONが表示されています



ifor6

A2は0ですがB2は1なので条件を満たし、ONが表示されています



ifor7

両方の条件を満たしている場合も、ONが表示されます



ifor8

どちらの条件も満たさない場合、OFFが表示されます

3つ以上の条件を課すことも可能です。
非常に広範な場面で役に立つ式ですので、ぜひ活用してみてください。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント