Google chromeの拡張機能で文章を選択するだけで和訳できるようにする方法

girl-2771936_1920 未分類

別に特記するほど珍しい情報でもなんでもないですが、死ぬほど便利なのでご紹介です。

Google chromeにはもともとGoogle翻訳という拡張機能があって、ページをまるごと翻訳したりすることができるんですが、ちょっと設定をいじるだけでこれをセンテンス単位で翻訳することができます。
英語のページ行って選択↓
yahoo1
適当な単語を選択↓
yahoo2
と、このように単語が翻訳されて表示されます。もうほんとインターネット万歳です。これがないと英文読めません。

Advertisements

導入方法

まずGoogle翻訳のページへ移動します。

Google 翻訳
閲覧しているウェブサイトを簡単に翻訳できます。

こちらをブラウザにインストールして、ブラウザ右上に追加されるGoogle翻訳のアイコンを右クリックします。
「拡張機能を管理」を選択。
「拡張機能のオプション」を選択し、「翻訳のポップアップ」をデフォルトの「クリックするとポップアップが開くアイコンを表示する」から「すぐにポップアップを表示する」に変更。
以上です。

※クリックするとポップアップが開く設定でも、選択状態でアイコンをクリックすることで翻訳を表示することができます。コピペなどでいちいち翻訳が表示されるのが鬱陶しい場合は、こちらのままのほうが使いやすいと思います。
長めの文章でも翻訳可能(ただし翻訳精度はあんまり高くない)↓

sunagitsuwiki

正直性能からすると他にもっといいサービスもあるんだけど、この拡張機能は導入するのが非常に簡単なので、ちょっと今入れたい! 使いたい! という場面で一瞬で入れられるのが最大の強み。

Advertisements

英語以外の言語での使い方

特に何もしないでもそのまま使えます。
sunagitsuspain
ただしラテン語圏の言語は知識ゼロなので単語だけ調べられず、スペイン語→日本語などは翻訳がガタガタ過ぎてマジで何言ってるのかわからないことがよくあるので、拡張機能のオプションでメイン言語を英語にして翻訳すると意味が理解できることが多いです。ある程度英語読めないと使えないテクニックですけど。

英語はある程度文法がめちゃくちゃでも意味が通じやすく、この傾向は翻訳ソフト全般に感じます。日本語だと文法が近い韓国語なんかはかなり正確に翻訳できるようですね。

おそらく語源がゲルマン祖語の英語とドイツ語、ラテン語のフランス語とイタリア語などでは同じような現象が起きるはずです。

コメント